[「時計」展] 《ただ、動く》古堅真彦


《ただ、動く》古堅真彦 Masahiko FURUKATA
時計というのは「時」を「計る」機械です。
でも、時計自身は自分が「時」を「計っている」とは思っていません。
ただ、動いているだけです。
この作品は一定時間内に一定のリズムで勝手に動くものを集めています。
一定時間内に、回転するもの、伸縮するもの、往復するもの、それらの動きそのものや周期的な合致から「時」や、もしかしたら「時」を超えた別のものが見えるかもしれません。