[「時計」展] 《Phantom》山本文也

撮影: 萩原健一

《Phantom》山本文也 Fumiya YAMAMOTO
「時」は常に存在するのに目に見えません。
まるで自由に駆け回る子供のようでもあり、いたずら好きのお化けのようです。
布の内側でうっすら見える「時」のカタチを表現しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>